◆小さな町なので、人妻ユキのことは知れ渡っています。
亭主がいる身で、私の牝にされ、しかも私の経営している会社に事務員として雇われています。亭主公認という訳ではなく、この淫売、家族の恥晒し…と憤る旦那に罵られるそうですが、不貞チ○ポに征服され、人妻ユキは生き恥の極限まで嬲り弄ばれて勤務しています。
常に淫婦らしく超ミニを穿いて働くこと、しかもパンティは卑猥な性器を丸見えの穴開きを着用すること。腋毛を黒くボウボウに生やし、一目で色情痴女と分かるようにすることが、人妻愛人ユキの就業規則です。
お願い、おチ○ポに飼われる性奴ですから一生懸命ご奉仕いたします、だけど職場の従業員の前で辱めるのは堪忍して…と哀訴しますが、職場の面々には、ユキが涙を浮かべるほど恥ずかしい嘲りを言ってやってくれ…と伝えてあるので、ユキが出勤すれば、昨晩は社長のチ○ポ咥えたまま寝たのかい…とか、朝のフェラチオは済ませたのか…と下品な質問が浴びせられ、超ミニの股を覗き込まれます。辛くてたまらないのに濡れ盛ってしまうマゾ淫牝になっています。
おい、ユキ、奥に来て、お口便器の時間だぞ…と従業員に聴こえるように命じられ、工場と自宅が棟続きになった部屋に呼ばれ、エロ下着の裸にされてチ○ポしゃぶりです。
昼食は必ず知り合いの料理屋に連れていかれ、マンビラ丸見えで膝を閉じるのを許されず、オマ○コ愛人の見世物にされて穴をいたぶられます。食事が終われば、すぐに工場に戻って午後のオマ○コぶち込みです。
150331a+
150331b+
150331c+
150331d+
DVDニャン2倶楽部をamazonで買う
書店で買える本の紹介いっぱい!「ニャン2倶楽部グループ」HPへ
夏岡彰の日記TOPへ
ADs