◆32歳のパート主婦、J子です。おとなしく控えめですが、躰つきや表情にゾクッとするほどそそる艶があり、人妻なのは分かっていましたが、どうしても手に入れたい、私のチ○ポにひざまずく女にしたいと欲望が増幅し、職場の担当長の地位を利用して時給を優遇し、でも私の指示に従え…とアメとムチの態度で接しました。

それってセクハラじゃありませんか…と思っても言い出せない気の弱さがあり、慰労会で強引に飲ませ、送り狼になって襲い、貞操を奪いました。

翌日から困惑の表情になって頬をこわばらせても、ひるむことなく廊下で尻肉をギュッと掴み、どうだ、J子、今日からオレの女だぞ、旦那とヤるより、オレに突っ込まれて感じたろ、熟れ肉がヒィヒィ泣いて、絶頂したよな…と卑猥にセクハラし、資料室に引きずり込んでマン襞をまさぐり開き、辞めてください、周りに知れますよ…と抵抗する人妻に指マンして淫汁を汲み出します。

今日も真っすぐには帰宅させないぞ、気絶するまでオレのチ○ポ突っ込んで、浮気精子をたっぷりと流し込んでやるからな…と強姦セクハラ丸出しで迫れば、獣に睨まれた小動物のように逆らえなくなる奥さん、J子です。

残業代を驚くほど付けてやり、社内の物陰に抱き寄せ、イチャイチャと乳房を揉み、マ○コ痴漢してやった後、ラブホで押し倒し、くぅ、やめてください、こんなの嫌です…と拒む熟れ肉を、吐息が情欲に喘ぐまで弄び、旦那はこんなにじっくりと愛してくれないだろ、オレのチ○ポ愛人になってぶち込まれるハメ淫婦になれよ…と膣壷を責めれば、遂に乱れ声を連発し、くぅ、××さんのお世話になります、おチ○ポを入れてもらう社内牝にしてください…と屈服のよがり声に崩れました。

あの二人、完全にデキてるよ、男女の仲だよな…と周囲が揶揄するほど、社内でJ子の腰を抱き寄せ、言い付けのパンティ着けてるか…と尋ね、アゥ、今日からご命令のTバックです…と答え、昼休みにおフェラチオを尽くします…と真っ赤になって答えるようになりました。

オレの股下に這わせて、今夜も雌犬ファックだぞ、ワンワンスタイルでイキ叫びながら肉穴をザーメン洪水にして帰してやるからな…とクリ芽をシコシコ摘みながら伝えてやります。

170411a
170411b
170411c
170411d
170411e
 

DVDニャン2倶楽部をamazonで買う
書店で買える本の紹介いっぱい!「ニャン2倶楽部グループ」HPへ
夏岡彰の日記TOPへ
ADs