◆正真正銘の役員秘書、Y美です。お偉方に品良く応接し、社内の若手エリートからのアプローチも多いようですが、やっぱりぶち込みは、私のような壮年の卑猥で猛るチ○ポに降参するようです。

強引すぎるくらいに強引な呼び出しに応じてしまう関係です。周囲に知れたら会社にいられません…と困惑しますが、そうだよな、ボクのような奴のチ○ポに征服されてるマ○コ美人なんて噂されたら困るだろ…と弄びながら、でもY美ちゃんの肉襞は、この弓なり棒に突き回されたり、削りハメされるのがいちばん感じるんだろ…とボディを愛撫し、ベッドに押し倒すだけで喘ぎが啜り泣きに変わり、指で果肉を確かめればクチュクチュと汁音を洩らして蜜液が糸を引きます。

ほらちゃんと言えよ…とクリ芽を摘めば、はぅぅ、いつも恥ずかしく言わせるのね…と赤面しながら、あんぅ、Y美はとっても濡れてチ○ポ欲しがってます、××さんに仕込まれたエッチなオマ○コ見てぇ、上品に秘書応接しても、心では極太のチ○ポに貫いてもらうことばかり思い浮かべるようになりました…と羞恥の淫語をつかえながら言えるようになっています。

ドスケベなんだね、Y美は…と苛め、オマ○コさせてるのは私だけじゃないだろ、彼氏にも●●専務とも、濡れマンに突っ込んでもらってるんだろ…と尋問すれば、そ、そんなことありません…と最初は否定しますが、浅瀬に肉幹を刺し、ツンツンと擦りながら返事を促せば、専務との食事の後に誘われたこと、昨日は彼氏が部屋に来てハメて帰ったことを白状します。

ひぃぃ、誰とオマ○コしても××さんのチ○ポがいちばん感じます、Y美のオマ○コは××さんのチ○ポにピッタリの淫乱女です…と綺麗な顔でよがり悶え、ハゥ、イクの、もう気をやらせて、中には出さないで、精子ぜんぶ飲みますからお口に発射して…と中出しを拒みますが、勢い良くイク寸前まで追い込めば、あぁ、中出しでもいいです、オマ○コ射精して…と膣内射精を受け入れます。

170125a
170125b
170125c
170125d
 

DVDニャン2倶楽部をamazonで買う
書店で買える本の紹介いっぱい!「ニャン2倶楽部グループ」HPへ
夏岡彰の日記TOPへ
ADs