◆あれほど毅然として援助の申し出を断った未亡人、佳代子も、私の股下で三つ指をつく運命に追い込まれ、勤務中も社内ザーメン愛人になるのを条件に会社に雇い、生き恥を弄ばれます。

あの頃、中学生だった佳代子の息子も今や高校生です。佳代子は、出勤して午前十時頃になるとソワソワと羞恥に赤くなって俯き、他の従業員がニヤニヤと蔑んで嗤う中で、おい、佳代子、倉庫に上る階段で待ってろ…とか、今日は更衣室で持ち物検査だ…と社長である私に大声で指示され、毎日、よくあんなハレンチ行為を続けられるわね…と罵る声を浴びせられ、社内の様々な場所で素っ裸にされ、フェラ汁を飲み、廊下に這わされて男根挿入に羞じ悶えます。持ち物検査というのは、佳代子の持ち物、すなわちオマ○コをじっくりと掻き回して、よがり果てるまで調べるという意味です。

あぁ、辱めに従いますから、せめて従業員の目に付かないようにお願いします…と哀訴しても、ずいぶんとワシを嫌って反抗した罰だからな、佳代子はチ○ポ責めに従う晒し者だぞ…と昨晩、佳代子の自宅に押し掛け、息子が勉強部屋にいるのに、浣腸オナニーさせて、その後、肛門姦に4回も絶頂したアナル虐めを職場で報告させます。

営業車で得意先回りするときも、佳代子を同行させ、あら佳代子さん、良かったじゃない、路上に転がされてたっぷり社長のお汁を流し込んでもらったらいいわ…と職場の侮蔑の的です。青姦が当たり前の

給湯室で膣壷と菊肛を交互に姦通し、あぅ、情けをかけて、皆に見えちゃう、声だって聴こえてるのよ…と羞じすがっても、どんなにワシを恨んでも、熟れ肉はいやらしいド変態に開発されて、朝から晩までチ○ポ嬲りの欲しい奴隷に堕ちたよな…とイキ汁を汲み出され、ひぃぃ、佳代子は、夫とした事もない排便穴のチ○ポ快楽を教えられて、生き恥マゾの色情狂にされて嬉しいです、勤務中も帰宅してからも、社長様のSEX奴隷にして恥辱責めに仕込んで…と涙声で乱れます。

社員も納入業者も、未亡人、佳代子が社内で見世物にされるハレンチ涙の愛人なのは知り尽くしていますから、飲み会に呼んで、佳代子の衣服を一枚一枚剥ぎ取り、陰毛を剃り落す余興を催したりして未亡人を羞恥に泣かせ、全員にフェラチオ奉仕させます。

151029a
151029b
151029c
151029d
151029e
 
DVDニャン2倶楽部をamazonで買う
書店で買える本の紹介いっぱい!「ニャン2倶楽部グループ」HPへ
夏岡彰の日記TOPへ
ADs